信学会トップ >

信学会

個人情報保護への取り組みについて

学校法人 信学会、学校法人 聖啓学園、社会福祉法人 信州福祉会は、平成17 年4月1 日より完全施行され「個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)」を踏まえ、個人情報取り扱いに関わるプライバシーポリシーを遵守すると共に、お客様の情報をはじめとする全ての個人情報をより安全かつ適切に取り扱うことを宣言いたします。

プライバシーポリシー

学校法人 信学会
学校法人 聖啓学園
社会福祉法人 信州福祉会

本プライバシーポリシーは、学校法人 信学会、学校法人 聖啓学園、社会福祉法人 信州福祉会(以下信学会グループという)が収集し利用するすべての個人情報をその対象として、信学会グループの個人情報に関する基本的な指針を定めるものです。

  1. 信学会グループは個人情報(生存する個人に関する情報であって、特定の個人を識別できるもの《他の情報と容易に照合できることができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含みます》をいい、以下も同様とします)を取り扱うに当たっては、個人情報の保護に関する法律や関係法令、個人情報保護に関するガイドライン、および本プライバシーポリシーを厳正に遵守することを誓約します。
  2. 信学会グループは利用目的をできる限り特定したうえ、あらかじめご本人(その個人情報によって識別される特定の個人をいい、以下も同様とします)の同意を得た場合、および法令により例外として取り扱うことが認められている場合を除き、利用目的の範囲内でのみ、個人情報を取り扱います。なお、当該利用目的およびその通知方法は、別表1.および4.に.定めます。
  3. 信学会グループは教育活動をはじめとする信学会グループのサービスを提供するために必要な場合に限り、個人情報を取得します。
  4. 信学会グループは、個人情報を取得する場合、適切な手段で取得し、法令により例外として扱うことが認められている場合を除き、利用目的をあらかじめ明示します。
  5. 信学会グループは、取り扱う個人情報を、利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つよう努めます。また、安全管理のために必要かつ適切な措置を講じ、従業者および委託先を監督します。
  6. 信学会グループは、法令により例外として扱うことが認められている場合(別表2.および3.に定める共同利用及び第三者提供の場合を含みます)を除き、あらかじめ本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供しません。
  7. 信学会グループは、個人情報につき、ご本人または代理人からの開示、訂正等(訂正、追加、削除、利用停止、消去または第三者への提供の停止をいい、以下も同様とします)を求められたときは、法令に基づきその求めに応じます。なお、開示および訂正等の手続きは、別表5.および6.に定めます。
  8. 信学会グループは取り扱う個人情報につき、ご本人からの苦情に対し、迅速かつ適切に取り組み、そのための社内体制の整備に努めます。なお、苦情の申し出先は、別表7.に定めます。
  9. 信学会グループは、個人情報保護管理者を置き、関連法令等を遵守するための内部規程の策定を行います。
  10. 信学会グループは、取り扱う個人情報につき、適正な内部監査を実施する等して、本プライバシーポリシーの継続的な改善に努めます。

別表

  1. 利用目的信学会グループは、取得した個人情報を以下に定める目的のために利用します。
    • (1)授業運営およびクラス運営等
    • (2)進路指導
    • (3)各種事務処理
    • (4)成績管理・分析および各種統計資料
    • (5)入試結果調査
    • (6)信学会グループ各種発行提示物および刊行物
    • (7)信学会グループのサービスや商品のご案内
    • (8)従業員等の雇用(採用を含みます)および人事管理
    • (9)下記2.記載の共同利用
    • (10)下記3.記載の目的等の第三者提供
  2. 共同利用信学会グループは、氏名、生年月日、性別、顔写真、家族、所属、教育研修、技能、資格、評価、職歴、学歴、キャリアプランおよび連絡先等の労働者等の雇用管理に関する個人情報を、雇用および人事管理を目的としてグループ間で共同利用します。
  3. 第三者提供信学会グループでは、取得した個人情報を目的の達成に必要な範囲において、業務委託先である提携企業等に提供する場合がございます。それ以外には次のいずれかに該当する場合を除き、第三者に提供・開示等は一切いたしません。
    • (1)事前に同意をいただいている場合。
    • (2)商品配送に必要な情報を配送業者へ依頼する場合。
    • (3)お客様および公衆の生命、健康、財産などに重大な損害が発生することを防止するために必要な場合。
    • (4)法的な義務を伴う開示要求に対応する場合。また他の利用者、およびグループ各社などの権利・財産・安全を保護・防御するために必要と判断した場合。
    • (5)上記の場合以外で個人情報を第三者に開示する可能性がある場合には事前にその旨をお知らせいたします。その場合、お客様は個人情報の開示、第三者との共有を拒否できます。
  4. 信学会グループは、個人情報の利用目的を定めた本プライバシーポリシーを信学会グループのホームページに掲載します。また、信学会グループはご本人から個人情報の利用目的の通知を求められたときは、ご本人に対し、遅滞なく、これを通知します。
    但し、次の各号のいずれかに該当するときは、この限りではありません。

    • (1)本プライバシーポリシーおよび信学会グループ約款に定められた利用目的からご本人の個人情報の利用目的が明らかな場合。
    • (2)利用目的をご本人に通知し、または公表することによりご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合。
    • (3)利用目的をご本人に通知し、または公表することにより信学会グループの権利または正当な利益を害するおそれがある場合。
    • (4)国の機関または地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的をご本人に通知し、または公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
  5. 開示の手続き(請求方法の詳細は7.をご覧下さい)
    信学会グループは、ご本人から個人情報の開示(ご本人が識別される個人情報が存在しないときにその旨を通知することを含み以下同様とします)を求められたときは、ご本人に対し、書面の交付による方法(開示に求めを行ったご本人または代理人が同意された方法があるときは、当該方法)により、遅滞なく、当該個人情報を開示します。但し、信学会グループは、次の各号のいずれかに該当するときは、その全部または一部について開示しないことがあります。

    • (1)ご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合。
    • (2)信学会グループの業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合。
    • (3)個人情報の保護に関する法律以外の法令に違反することとなる場合。
  6. 訂正等の手続き(請求方法の詳細は7.をご覧下さい)
    • (1)信学会グループは、ご本人から個人情報の内容が事実でないという理由によって当該個人情報の訂正等を求められたときは、その内容の訂正等に関して個人情報の保護に関する法律以外の法令の規定により特別の手続きが定められている場合を除き、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく調査します。この場合において信学会グループは、その求めに関わる個人情報の内容が事実でないとき、当該個人情報の取り扱いが適正でないときは、遅滞なく訂正等を行います。
    • (2)信学会グループは、ご本人から個人情報が利用目的の達成に必要な範囲を超えて取り扱われているという理由、または偽りその他不正の手段によって個人情報が取得されたものであるという理由によって当該個人情報の利用の停止または消去を求められた場合であって、その求めに理由があることが判明したときは、違反を是正するために必要な限度で、遅滞なく、当該個人情報の利用停止等を行います。
    • (3)信学会グループは、ご本人から法令等に基づくことなくあらかじめ本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供したという理由によって当該個人情報の第三者への提供の停止を求められた場合であって、その求めに理由があることが判明したときは、遅滞なく、当該個人情報の第三者への提供を停止します。
  7. 利用目的の通知。開示および訂正等の求めならびに苦情の申し出先信学会グループは、利用目的の通知、開示および訂正等の求めならびに苦情につきましては、下記電話番号にて承ります。<個人情報管理者>
    信学会グループ事務局
    個人情報取扱管理責任者(経営管理部)

    〒380-0836 長野市南県町1003
    電話番号 026-228-5588(代表)
    FAX 番号 026-228-9988

  8. 当該窓口にて承りました利用目的の通知、開示の求めの申込者に対し、信学会グループが用意する「利用目的開示請求書」もしくは「個人情報開示請求書」ならびに当該各請求書送付先、手数料額および手数料振込先もしくは手数料精算方法を記載した手続等案内書を送付いたします。当該請求書を受領した申出者は、手続等案内書に記載された手数料額を手数料振込先に振り込み請求書送付先に必要事項を記入済みの各請求書および本人確認書類を受領し、手数料額が振り込まれたことを確認できた場合に、信学会グループは、手続きを開始いたします。また、当該窓口にて承りました訂正等の求めの申出者に対し、信学会グループが用意する「個人情報訂正等請求書」もしくは「個人情報利用停止等請求書」ならびに当該請求書送付先、訂正等の求めを行う理由を示す書類の例を記載した手続等案内書を送付致します。当該請求書等を受領した申出者は、請求書送付先に必要事項を記入済みの「個人情報訂正等請求書」もしくは「個人情報利用停止等請求書」、信学会グループ指定の本人確認書類ならびに訂正等の求めを行う理由を示す書類を送付して頂きます。

TOP